未分類

大学教員になるには

大学教員になって自分が得意な分野の研究を続けたり、学生に教えたいと思う方がいます。まだ世の中が不景気で、就職に困った時には大学に残りたく思うものですが、大学教員への道は険しいものです。希望者も多くなっていますから、簡単にはなれません。

大学教員になるのには、大学院を卒業をして博士号を習得するといいでしょう。博士号を取得したからといって、必ず大学教員になれるものではありません。大学教員の席に空きがなかったらなれないのです。他の先生がやめたり引退したら、その後釜でなれるかもしれません。日本ではまだコネがあるので、大学教員になる時にもコネとか紹介が大きく関係してきます。あなたが本気で大学教員になりたい時には、周囲の人に大学教員になりたいのです。と意思表示をしておきましょう。そうしたら、空きがあった時には紹介してもらえるかもしれません。

現状ではいきなり大学教員になるのは難しいので、他の手段も考えておきましょう。どこかの機関や会社に就職をして、勉強や研究を続けていくことも1つのいい方法です。大学で研究助手をしながら、さらに研究を深めていくことも1つの方法です。いずれにしても100%確実な方法はないので、あなたの運ややる気やタイミングなどの不確定要素に左右されてしまいます。

これからは、どんな研究を行うのにも日本だけではやっていけません。大学教員になりたい方は海外留学をして、世界の情勢を理解しておくこともいい方法です。海外の情勢が分かったら、自分の研究にも役に立つし大学教員になりたい時にもいい方法といえます。海外に出たら、英語やドイツ語やフランス語を学べます。語学力も今後大学教員になりたい時には欠かせないものです。

大学教員になりたくてもスムースになれる機会は多くはないので、行動をおこして、自分の知識や人脈やコネや能力を高めておくことをおすすめします。人事を尽くして天命を待つの心境で、どこかにいい大学教員の就職先が見つかることを期待していましょう。あなた以外にも大学教員にあこがれる方は大勢いますから、年々採用者も減って狭き門になっています。それでも5年10年待ったら、運良く大学教員の座がめぐってくるかもしれません。