大学でどんなことが学べるの?

教育ローンの基礎知識

大学に入学する上で必要な費用を借りることが可能な教育ローンにはさまざま種類があります。
お金が足りなければ教育ローンを使えば良いと安直な考えを持っていると、思わぬトラブルにつまずいてしまうことがありますので具体的な種類や内容を必ず把握しておきましょう。
国が取り扱っているものと民間が取り扱っているものだけでも大きな違いがあります。

あくまでも目的は教育に必要だということ

教育ローンというのは前述の通り国のものと民間のものがあります。
国のものの場合には金融公庫となりますが、民間の場合には銀行をはじめとして、消費者金融などの金融機関が扱っているものもあります。
どちらに関しても使用する目的そのものは教育に必要だということが限定されており、それ以外の部分でお金を使うことはできません。

そのため、例えば受験を控えた子供を連れて息抜きのためリフレッシュ旅行に行きたいという目的でお金を借りることは、不可能ということになります。
塾を含め、大学への受験や在学中に支払う費用などをしっかりと確認した上で申し込みをする必要があります。

国が扱う教育ローン

国が扱っている教育ローンに関しては民間の金融機関などが扱うものに比べて利息が非常に低いといった特徴があります。
この特徴から利用したいと考える人はたくさんいるのは事実です。
しかし年収に制限があることや、審査そのものに時間がかかるというデメリットもあるため大学への入学を控えてギリギリのタイミングで申し込みをしても、実際には入学までに審査回答が間に合わないケースがあります。

お金を借りることができた場合については大学への大学中には短期の据え置きや利息のみの返済をするといった形も可能になっており、卒業してから本格的に元金を返していくことも可能です。
ただし借入限度額が定められていますので、これを超える部分に対してはどのように工面するのかを考える必要もあるでしょう。

民間の教育ローンについて

民間の金融機関などが扱っている教育ローンにも当然借入限度額がありますが、国の教育ローンに比べると、限度額が高い傾向にあります。
また審査そのものも非常にスピーディーで最短で当日中に審査結果がわかるというのは大きなメリットになります。

審査結果がわかることによって今後の計画を立てやすくなるのは間違いないでしょう。
ただし、利息そのものは国が扱うものに比べると格段に高くなっていますので、返済をする際にはこの部分も事前に考えておかなくてはなりません。
また返済に関しても、猶予期間等が無くお金を借りた翌月から金融機関に対しての返済が始まるケースがほとんどです。

上記のように教育ローンにはそれぞれで違いがありますが、このような教育ローンは大学に入学する本人ではなく保護者が利用するものとなっています。
そのため、審査の対象になってくるのは保護者の収入や職業、他社からの借り入れ状況などになってくることを覚えておきましょう。