筑波大学ってどんな事が学べるの?学部・学科は?

広く開放的なキャンバスが特徴の、筑波大学

南北4㎞、東西1キロ、257haの面積を有する広大な大学として知られているのが、筑波大学です。
その非常に広く開放的なキャンパスから、在校生ですらその広さに毎日のように驚き続け、余程慣れていないと、確実に迷子になる事で知られています。

学内を循環バスが走るほどの広さを誇り、移動の大変さから、大学内を自身の自転車で駆け抜ける学生、教員は少なくありません。
それぞれの建物ごとに自転車置き場も用意されており、自転車が必需品な大学としても知られています。

広大な土地ならではの豊かな自然、美しい緑が特徴で、手入れが行き届いた緑溢れる草原や、松美池、森と貸している場所も至るところに存在している点が特徴です。
一時期は、「大学なのか、森なのか。」というキャッチコピーを学校公認で打ち出していたほど、緑に溢れたうつくしい環境で勉学に励むことが出来ると言えるでしょう。

全9郡、それぞれの自由な選択が出来る

筑波大学では、全部で9郡にも上る学群が用意されており、それぞれの専門的知識を学べる事で知られています。

用意されている学群は、人文・文化学群、社会・国際学群、人間学群、情報学群、理工学群、医学群、体育専門学群、生命環境学群、芸術専門学群になります。
それぞれの学群で更に、細かく学科が分けられている事も多く、更に専門的な知識や技術を学ぶ事が可能です。

文系から理系、芸術系まで幅広く用意されており、各学生がそれぞれ、自分の将来の為に勉学に勤しみます。
特に人文・文化学群は人気が高く、人間存在と文化全般を考える人文学類を通して、各種文学を学ぶ事が出来るのが特徴です。

筑波大学はこのように、非常に様々な分野に、垣根を越えて挑戦し続け、学びの場を提供し続けて居る点が、魅力として知られています。

広い視野を持つ、人間性のある人材を育成

筑波大学ではこのように、非常に様々な学群が用意されており、それぞれの学群で、より専門的知識や技術を学べる点が特徴です。
広い視野を持つ、豊かな人間性と創造力を持った人材育成をするべく、各種専門分野でも、自主性を尊重したカリキュラムを採用。
受動的にならないように、積極的に生徒が参加出来るシステムを設けて居る点が特徴です。

場所は茨城県のつくば市にあり、雰囲気も良好。
のどかな自然を満喫しながら勉学に勤しむことが出来る大学として、多くの学生から愛されています。

更に、外国人留学生も積極的に迎え入れることで、グローバルな雰囲気の中、勉学に励むことが出来る点も特徴です。
反対に、留学生として各国に赴くことも出来、希望のある学生は、相談をしているという方も少なくありません。