東京大学ってどんな事が学べるの?学部・学科は?

国内1の偏差値を誇る、東京大学とは

国立大学の中でも、国内1の偏差値を誇る大学として知られているのが、東京大学です。
優秀な設備、優れた環境で勉学に励むことができ、卒業後、多くの著名人、研究家を輩出した学校として、多くの学生が東京大学を目指します。

東京大学には各種専門分野を学ぶ事ができる学部、学科が用意されているのが特徴です。
文系理系共々用意されており、文系理系共々難易度が高い事で知られています。

文系としてあげられるのは、文化一類の法学部、教養学部を始め、文科二類の経済学部、教養学部、文化三類の文学部、教育学部、教養学二部分けられます。
理系では、理科一類二類三類においてそれぞれ、工学部、理学部、農学部、薬学部、教養学部など、各種専門分野を学ぶ事ができる分野に分けられ、各学科ごとに、専門分野が変わって来るのです。

理系文系共々用意されていますが、やはり専門生が高いことで知られているのが理科で、各種、様々な分野のプロフェッショナル、第一陣で輝く人材を輩出しています。

各地に拡がるキャンパス

東京大学と言うと、各種にキャンパスが用意されている点も特徴といえるでしょう。
本郷地区キャンパス、弥生キャンパス、駒場地区キャンパスの3つが挙げられますが、やはりイメージが一番強いのが、駒場地区キャンパスと考えて居る方は少なくありません。

駒場地区キャンパスは、緑豊かな自然の中で、のびのびと勉学に勤しむことができるキャンパスとして知られており、京王線駒場東大前駅下車後、直結というアクセスの良さも魅力です。
都心で有りながらものどかに過ごす事ができるキャンパスとして、学生を中心に、ビジネスパーソンに至るまで、多くの方が訪れる憩いの場といえるでしょう。

日々学生が切磋琢磨している事はもちろん、研究機関としての役割も強く、全国各地から、研究、発表などの目的で訪れる方も多くいます。
また、文化祭などのイベントも行われており、学生だけではなく、地域住民も積極的に参加することで有名です。

進化を続ける伝統ある大学

東京大学は、進化を続ける国立大学として、日々、多くの方から支持を受けています。
伝統と歴史のある大学にも関わらず、常に革新を追い求め、常に新しいものを追い求める好奇心の強さが魅力として、多くの学生が日々、切磋琢磨しているといえるでしょう。

成長が止まない伝統ある大学として、学生はもちろんのこと、現場で活躍する講師陣に至るまで、日々、多くの方に利用されています。
様々な研究が行われ、東京大学から見付かった技術や発見なども少なくありません。

今後もこのスタンスは変わらず、多くの発見を集める大学として重宝されるでしょう。