武蔵野大学

武蔵野大学の学祖、建学の精神とは

武蔵野大学は仏教の根本精神となる四弘誓願(しぐぜいがん/ほとけのねがい)を基礎としています。
つまり、人格教育というものが、主軸となっている大学です。
現代の日本には、こうした人格への教育、指導が不可欠と考えられますが、当初から、この人格教育という事に注目していたのがこの大学です。

理想が高まるにしたがって人格が高まり、人格がたまるにしたがって高い理想が現出する、という国際的仏教学者、学祖である高楠順次郎博士の教えを元に、人格向上の歩みを進めるための教育を受けられる学校です。

この四弘誓願というのは、いきとし生けるものが幸せになるために、わたくしの「ひとりよがり」のこころをきよめ、正しい道理をどこまでもきわめ、生きがいのある楽しい平和の世界をうち立てたいというものです。
非常に美しく、誰もが見習いたいと感じる根本精神です。

武蔵野大学の成り立ち

1924年、築地本願寺内に、武蔵野女子学院が創立され、後、1929年に現在の位置に移転しています。
学祖は高楠順次郎博士です。
移転した時、専攻科として、国分、英文、史学、家政を開設しています。
1943年、浄土真宗本願寺派本願寺の派立学校となります。
1944年には学祖が第4回文化勲章を受章しています。

姉妹校となる千代田女子専門学校は1945年を戦災のため、本学内に移転したのが1945年です。
1950年、文化国文専攻、成分専攻、家政科を持った武蔵野女子短期大学を設立、1954年には武蔵野女子短期大学を武蔵野女子学院短期大学に変更、1965年に武蔵野女子大学を設立し、ここには名称変更した武蔵野女子大学短期大学部が併設されています。

1967年には幼児教育にため、武蔵野女子学院幼稚園を開園、1977年には短期大学部に幼児教育化を設立、この年、仏教文化研究所を開設しています。
1999年には、武蔵野女子大学大学院を設置、2000年に短期大学部に生活創造デザイン学科設置など、様々な科を取り入れ、より高度な人格形成を担う指導を学生たちに継続しています。

武蔵野女子大学から武蔵野大学に名称変更したのは、2003年です。
2004年からは男女共学となり、2005年からは通信教育部に人間学専攻科を設置しています。
2006年には看護学部看護学科を作り、看護のスペシャリストの育成にも力を入れています。
2012年、学校法人名を武蔵野女子学院から学校法人武蔵野大学に名称変更し、現在、環境学部や工学部、グローバルスタディーズ研究所など、様々な取り組みを学内で行っている武蔵野大学です。

人格形成という事を基本に、現代必要な学問を学ぶ事の出来る、また質の高い人材を世に送り出している武蔵野大学は、現在、文、理、医療系の9学部、16学科、大学院9研究科、通信教育部2学部、大学院3研究科、さらに専攻科1課を持つ素晴らしい大学となっています。