Home 大学の歴史法政大学ってどんな事が学べるの?学部・学科は?

法政大学ってどんな事が学べるの?学部・学科は?

社会の変革を支える人材を育成、法政大学

自由な志向と行動を貫き通し、社会の変革を支える人材を育成する大学として1880年に誕生したのが、法政大学です。
自由と進歩を大切に、常に新しいものに挑戦し続ける人材を輩出する、時代と伝統をマッチした大学として知られています。

学部は全15学部。
法学部などの法律関係の学部を始め、文学部、経営学部、国際文学部など、各種エキスパートを育てる学部が多く設けられています。

学生達がより自由に、より行動的に様々な事に挑戦できる機会を多々設けて居るのが、法政大学の特徴です。
文部科学省に採択された、スーパーグローバル大学創成支援も、その中の1つになります。

平成26年度に採択されたこちらでは、国際社会で活躍する人材を育成するために、積極駅名異文化コミュニケーションを図ることを目的とし、徐々にスキルアップできる環境を整えているのです。
英語強化プログラムを始め、ボランティアやインターンシップなども積極的に執りおこなわれており、国内外を問わずに活躍する人材を輩出します。

また、学生の、学生による、学生のための支援組織、ピアネットも、自由な取り組みの1つです。
このピアネットは、学生が主体となり、学生が学生を支援する活動を行う取り組みとして多くの学生が参加をし、様々な観点から物事を解決していきます。

図書館作りをサポートするライブラリーサポーターを始め、被災地支援等のボランティア活動を行うボランティアセンターなどなど、各種、様々な活動を行っているのが特徴です。
学生ならではの視点、学生ならではの考え方を積極的に取り入れて、教職員や外部機関との話合い、運営を行う中で、自然とチームワークやコミュニケーション能力が身につくといえるでしょう。

開放的なキャンパスでストレスフリー

法政大学には、市谷キャンパス、多摩キャンパス、小金井キャンパスの3つがありますが、いずれも非常に開放的で、ストレスフリーな環境下で勉強できる点が特徴です。

例えば市谷キャンパスでは、JR市ヶ谷駅と飯田橋駅の中間に位置し、自然に溢れたのどかな環境で勉強できる点が特徴です。
カフェテリアやオレンジカフェなどの軽食、喫茶コーナーも充実しており、気軽に集える場所が多くあるのが魅力になります。
都心へのアクセスも非常に良く、新宿や渋谷などの主要スポットには、いずれも電車で15分程度で赴くことができるでしょう。

このように、キャンパスそのものが非常に恵まれており、ストレスフリーに勉強できる点が、法政大学の特徴です。
各種カフェや軽食堂など、気軽に立ち寄れるスポットも用意されており、空き時間に友人と過すと言う学生も少なくありません。