東洋大学

哲学館からの出発、東洋大学

東洋大学というと、スポーツにも秀でた学生が多く、駅伝や陸上等、素晴らしい選手が多いという事でも知られています。
東洋大学は、明治20年、井上円了が哲学館として誕生させたもので、明治22年に校舎を新築し、火災などに見舞われるなどし、明治36年、専門学校令をうけて私立哲学館大学という名称になりました。

井上円了が退隠した後には、財団法人となって明治39年、私立東洋大学という名称に改称され、昭和3年に大学令を受けて大学となりました。
その後、戦争によって新制度に切り替わり、昭和24年になって東洋大学は、文学部から新たな歴史をスタートさせます。

現在は、たくさんの学部を持ち、キャンパスも白山、川越、朝霧、板倉と4つの地域にわたり、様々な教育、研究、社会貢献なお、東洋大学の学生らしいいきいきとした活動を送る学生たちを世に送り出しています。

哲学館とは

創立者の井上円了は、東京大学で哲学を学びました。
明治20年、哲学館を作ったのですが、その目指した教育というのは、「余資なき人、優暇なき人」が「智慧を愛求する学問」を学ぶ、近代化する日本で新しい役割を持つ教育家や宗教家、哲学家を育成するという目的を持っていました。

第1回、海外視察を行った井上円了は自らその構想を発展させ、大学設立、さらに信仰者の建設などに踏み切ります。
しかし風災、火災、さらに人災に会い、苦難の道を進み、やっと、勝海舟などの協力によって独創的な学校の運営を果たすことが出来たのです。

専門学校令によってはじめて、私立哲学館という名称になった時には、井上円了も感無量だったのではないでしょうか。

誕生は長い年月がかかった

哲学館大学となってから明治39年、井上円了は健康上の理由によって大学から退職し、その全財産を寄付し、財団法人を設立する事で東洋大学という新しい校名を付けました。
その後、文科系の専門学校としてしっかりと歩みを進み、井上円了が大正8年に逝去された都市、交付となった大学令によってやっと大学という地位を獲得したのです。

人員をそろえる、施設を充実させる、財政を整えるなどの厳しい条件がある中、設立には長い年月が必要となりましたが、いよいよ、昭和20年、敗戦となると大学制度が大きく変わり新制となり、昭和24年、やっと東洋大学は文学部を持った新たな大学としてその一歩をしるしたのです。

現代は総合大学としての地位を確固たるものとしている

大学紛争を経験し、国際化や情報化が進む中、東洋大学は、その世界と歩を同じくして歩けるように、新たな大学を形成しようと創立100周年から動いてきました。
平成2年には白山キャンパスの再開発にのりだし、井上円了記念学術センターの設置、さらに夜間大学を平成6年より設置、平成21年には川越にもキャンパスを作っています。

これから先、様々な面で活躍する東洋大学の生徒を、様々な場所で見ることになるでしょう。